読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiroのつぶやきブログ

アニメやゲームについて書きたいことだけ書いていきます。

ポケットモンスター サンをクリアしたので感想【ネタバレあり】

ゲーム

2016/11/18日に発売したポケットモンスター サン・ムーン。 僕も発売日にDL版(サン)を購入してプレイしていたんですけど、殿堂入り(クリア)することができたので感想を書いていきたいと思います。ネットではかなり賛否両論な結果になってますが、結論から言うと僕はめちゃくちゃ楽しかったですぜ。



f:id:hiro87892:20161201101453j:plain



クリア時間

f:id:hiro87892:20161201101730j:plain

クリア時間は約25時間でした。見ればわかると思いますが所持ポケモン以外ほぼ捕まえてないっていうのと野生ポケモンは基本逃げて戦ってないっていう点がみそですかね。まぁ所持ポケモン捕まえるのに時間かかったりもしたんで早い人はもっと早いかもですが、ストーリーパートだけでも結構ボリュームあった気がしますね~。続いては所持ポケモンを紹介します。

一緒に戦ったポケモン達

今回はゲームをやり始める前から攻略サイトで捕まえるポケモンをある程度決めてました。基準はなるべく可愛いポケモンを選んだ感じですねw以下が最終的なポケモン達です。

f:id:hiro87892:20161201104238j:plain
アシレーヌ
まずは御三家のアシレーヌですね。御三家選びは即決でしたwアシレーヌちゃん以外はありえぬ。まぁオスだったんですけどね。技はアシレーヌ限定のうたかたのアリアが強いですね。

f:id:hiro87892:20161201105202j:plain
キュウコン(アローラの姿)
所持ポケの中で唯一アローラの姿だったキュウコン。ストーリーの中盤以降にしか出てこないのでレベル調整が結構大変でした。

f:id:hiro87892:20161201105514j:plain
ブースター
本当はグレイシアにする予定だったんですが、進化できるラナキラマウンテンがポケモンリーグに挑戦するタイミングでしか行けなかった(要するにクリア間近)のと、キュウコンとタイプがかぶってたので炎タイプのブースターに急遽変更することに。真顔が可愛いんだよなブースターは。

f:id:hiro87892:20161201110007j:plain
エルフーン
草タイプは絶対にエルフーンにすると決めてましたw 見た目も可愛いしサン限定!こんなん捕まえるしかないじゃないですか。後で知ったんですがポケモンガチ勢の人たちから見てもエルフーンは強ポケモンだったみたいですね。

f:id:hiro87892:20161201110447j:plain
ムウマージ
序盤でムウマを手に入れることができるとのことだったので加えることを決意。あんまり後半でしか手に入らないポケモンだと序盤どうすんだって話ですからねw

f:id:hiro87892:20161201111436j:plain
ソルガレオ
伝説のポケモンは所持に入れると決めてたのもそうなんですが、リーリエちゃんから沢山冒険させてあげてほしいみたいなことも言われたし・・・ねぇ?← ほしぐもちゃんは何だかんだで序盤からずっと見てきたので愛着もあるし所持することにしました。

ストーリーについて

さて、ここからは感想です。結論から言うと僕はストーリーはよかったと思います。ただ、ネットではかなり賛否両論ですよね。理由としてはヒロインであるリーリエちゃんが主人公のような立ち位置だからでしょうか?

出典:リーリエ|『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

肝心の主人公はそのリーリエを手助けする存在で話の存在は常にリーリエ。どうやらこれが気に食わない人が多いみたいですね。我々が見たいのは主人公とそのポケモンが紡ぐストーリだと。

正直ストーリとか期待してなかったw

まず、僕はサンムーン買う前からストーリーにこれっぽっちも期待してませんでしたw ポケモンって大人よりも子供をターゲットにしてるイメージが強かったので、大した内容で作られてないと思ってたんですよね。なので最初からこういったストーリーが良いみたいなイメージはありませんでした。過去作もやってはいるんですが正直内容とか覚えてないんで← ポケモンはこうでなくちゃ!みたいなのは全然なかったんですよね~。もしかしたらこの辺はストーリーを楽しめるかどうかの鍵なのかもしれません。

主人公は友達のために戦っていると解釈

先ほども書きましたが今作では話の中心はリーリエで主人公はそれを手助けしつつ島巡りをする感じになってます。ネットでは「リーリエのパシリになった覚えはねぇ!」と憤怒している方も見かけましたが、僕は"主人公は友達(リーリエ)のために戦っている"という風に解釈してストーリーを見ていました。いやまぁ流石に設定的に嫌々戦ってるっていうのはないんでしょうけどね。今作は舞台が島で様々な個性的キャラが出てくることから、かなり仲間という言葉を意識してると思うんですよね。なのでリーリエが話の中心で主人公が戦うといった形式なのはその辺を意識した結果なんじゃないかと。リーリエはトレーナーではないけど頼れる友達主人公がいる。主人公は初めてアローラでできた守りたい友達がいる。こういった関係の2人の物語だと思って僕は楽しんでました。

リーリエに対してどう思えるかがポイント

結局のところストーリーを楽しめるかどうかってリーリエを好きになれるかどうかがデカイと思うんですよね。上でも書いた通り今作はリーリエを助ける話なので、プレイしている本人がリーリエのことを好きでないと「リーリエのパシリになった覚えはねぇ!」とかなっちゃう可能性が高いです。主人公はまったく喋らず、自己投影しやすくなっているのでなおさらです。因みに僕の場合は当然リーリエのことを好きになれましたねw。リーリエが勇気を出して橋を渡ったのもグッときましたね~( *´艸`)最後にカントーに行くと言われたときはちょっと寂しかったww

バトルについて

今作は過去作よりもポケモンバトルのハードルが上がったように感じましたね。

ヌシポケモン

まずはヌシポケモンの存在です。


出典:【ポケモンサンムーン】ワイの甥っ子「ラランテス」に勝てなくて号泣する マオの試練で躓く人多数 | ポケモンまとめマスター|ポケモンGO&サンムーン

ラランテスには僕も一度全滅しましたw ヌシポケモンは通常のポケモンよりステータスが上がっていて仲間を呼ぶ非常に厄介な相手。基本的にヌシとの戦いは1対2になり、効果抜群でなくても技自体がかなり強力なものばかり。ヌシとの戦いは相性の良いポケモンでないと厳しくなるように設定されていました。きずぐすりのごり押しでは通用しなくなってて楽しかったですね。

ポケモンを入れ替えてくる

これまでのポケモンで入れ替えてくるなんてことあったかな?今作での強キャラは普通にポケモンを入れ替えてきます。ムウマージで"ほろびのうた"をくらわせたら普通にポケモン入れ替えられましたねw おかげでCPU戦でもやりごたえありました。

仲間を呼ぶ

先ほども書きましたが、今作ではヌシポケモン・野生のポケモンは仲間を呼びます。これが人によっては店舗が悪く感じてしまうようです。僕の場合は野生のポケモンとはほぼ戦ってないのであまり感じませんでしたが、ポケモンをやりこみ人にとっては重要な評価の分かれ目になりそう。

まとめ

僕の感想はこんな感じです。今作はストーリーの受け入れ方次第で大分評価が変わってくるのでこんな人にオススメ!とか神ゲー!とかはあまり言えないですね。ストーリーをどう感じとれるかはプレイするまでわかりませんから。でもはまる人にはとことんはまるゲームだとは思います。リーリエちゃんを好きになれそうなら是非買ってみてください。