hiroのつぶやきブログ

アニメやゲーム、その他書きたいことだけ書いていきます。

PSVRの現状について語る。

お久しぶりです。長らくブログ更新してませんでしたが、今日からまた更新していけるように頑張ろうと思います。一応2万近く払ってますからねこのブログにw

さて、今回はPSVRの現状について書いていこうと思います。僕は発売日(2016/10/13)にPSVRを買ったのですが、あれから約10ヶ月ほどたった今のPSVRはどうなっているのかを説明していきます。

未だに定価で買うことができない

厳密にいえば買えるところも増えてはきていますが、安定して定価で買えるようにはなっていません。そもそもの値段が高いのに転売ヤーのせいでさらに値段が高くなっている現象が、1周年を迎えそうな今でもほとんど改善されていないのです。これってつまりは多くの人にPSVRが行き渡らないってことになると思うんですが、そうなると次の問題が出てきます。

圧倒的なコンテンツ(ソフト)不足

PSVRが行き渡らなければ、そもそもソフトを販売してもあまり利益が出ません。なのでどの会社もソフトをあまり開発していないのか、コンテンツが圧倒的に少ないです。PSVR自体の体験はとても素晴らしくて僕もできることなら多くのソフトで遊びたいんですけど、そもそもあまり売ってないから遊ぶことができないという。いやまぁ僕も全てのソフトを遊びつくしたわけではありませんよ?ただパッと見て「面白そう!」と思えるソフトが少ないんですよね・・・。なのでここ最近僕のPSVRはまったく起動されていませんw

海外では本体価格が値下げ。そして今後のPSVRは・・・

ソニーがプレイステーションVR (PS VR)の価格改定を発表しました。

北米では従来、PS VRに必須のPlayStation Camera(60ドル)が付属しない単体のPS VRヘッドセットを399.99ドルで販売していましたが、9月1日以降は価格据え置きでカメラ同梱版が標準になります。

japanese.engadget.com

つい最近ですが、海外ではPSVRの価格を値下げすることにしたみたいですね。あくまで海外なので日本でどうなるかはわかりませんが。また、今後のPSVRについてかかれた記事も見つけたのでご紹介。

Qizilbash氏はまず、SIEはPSVRをとても重要視していると前置きしたうえで、今年のホリデーシーズンを皮切りに積極的に打って出ると発言している。前述したようにPSVRの売り上げはすでに100万台を越えており、ゲームを販売するプラットフォームとして一定の足場を固めた段階にある。そこでSIEが次に注力しているのは、良質なゲーム(Good games)をリリースしていくことだという。ただし、デベロッパーにPSVRタイトルの開発を無理に求めていくようなことはしない。デベロッパー自身のクリエイティブな欲求から生まれたゲームでないと良い結果には結びつかないからだそうだ。

jp.automaton.am

一応まだやる気は残っているみたいですね。PSVRは可能性を秘めているとは僕も思ってるんで頑張ってほしいです。とりあえずはいつでも買えるように生産性を整えるところからじゃないですかね?今後面白いソフトが出ることを期待しています。