hiroのつぶやきブログ

アニメやゲーム、その他書きたいことだけ書いていきます。 ほぼ毎日更新中。

お前らってスマホゲーばっかしてるけど、コンシューマーゲームはやらないの?

僕はゲームが好きです。なのでスマホゲーもコンシューマーゲームも遊んでるんですけど、どちらかといえばスマホゲーで遊ぶ人の方が多いですよね。コンシューマーゲームだって面白いのに何故人々はスマホゲーばっかりプレイするんでしょうか?今回はそのことについて僕なりに考えてみました。

f:id:hiro87892:20170925103533p:plain:w200:left
f:id:hiro87892:20170913100316p:plain:w200

※ここでいう「スマホゲーム」とは、ゲームクリアが存在しないソーシャルゲームのことを指します。

ゲームをプレイするときの手軽さ

まず第一の理由としては「手軽さ」でしょう。コンシューマーゲームといえば「PS4」「ニンテンドースイッチ」等があると思いますが、それとスマホを比べてどちらが気軽にプレイできるかなんて、もう明らかですよね。

持ち運びの手軽さ

スマホはいつもポケットなどに入れて所持できますが、PS4とかは当たり前ですけど持ち運びなんて容易ではないです。スイッチは携帯モードで持ち運ぶことはできますが、あれ結構でかいんですよね。バックの中に入れることはできてもポケットに入れることはほぼ不可能でしょう。

操作性の手軽さ

ポケットの中に入れることはできなくても、バックの中に入れればスイッチは持ち運ぶことができます。つまり外でも本格的なゲームを楽しめる環境は一応整っているわけですが、皆さんは実際に通勤時とかにスイッチで遊んでる人見たことありますか?

僕はないですし、僕自身もスイッチを携帯モードで通勤人にプレイしたいとは思いません。理由は簡単でスイッチは両手を使わないと操作できないけど、スマホは片手で操作できるからです。

「え!?そんなしょうもない理由!?」と思う方もいるかもしれませんが、片手と両手っていう時点で操作性の手軽さはスマホの方が上なんです。人は楽な方を求めるものですから、「スイッチで遊ぶくらいならスマホでいいや」ってなるわけですね。

ゲーム内容ですらスマホの方が手軽

よく「スマホゲームはコンシューマーに比べたらミニゲームだろ」なんて言われたりしてますが、これってスマホゲームの方が内容は手軽って言ってるのと同じことですよね。「ゲーム内容ですら手軽の方選ぶのかよ!」と思う方もいると思いますが、一度こう考えてみてください。

・目の前にはPS4とスマホゲーム
・あと30分後には家を出て通勤or通学

さて、この状況なら皆さんはどちらのゲームで遊びますか?恐らくですが大半の人がスマホゲームを選ぶんじゃないかなぁと思います。コンシューマーの方はきっかり30分で終われるかわからないし(セーブ的な意味で)、そもそもしっかり楽しみたいから時間がたっぷりある時でいいやって僕ならなりますねw スマホなら適当に終わらせても特に問題ない場合のケースの方が多いですし。

資金面の手軽さ

コンシューマーのゲームをするためには、一定のお金がかかります。ですがスマホゲーは基本無料です。スマホさえ持っていればどのゲームも基本無料でできるのは、やっぱり手軽ですよね。

何故ここまで手軽さを求めるのか

「いくらなんでも手軽さ求めすぎじゃね?」とは僕も思います。ここまで求めるからには何か理由があるわけですが、上の文章でもちらっと書いてますね。僕らには時間がないんです。限られた少ない自由時間の中でゲームとそれ以外の趣味までこなそうとするなら、ゲームに手軽さを求めるのは至極当然のこと。よほどのゲーム好きでない限りはコンシューマーに手を出そうとは思いませんよ・・・(´・ω・`)

スマホゲーのどこが面白いのか

いくらスマホが手軽とはいっても、ゲーム自体がつまらければ遊ばれないですよね。けど多くの人が熱中してプレイしているということは、コンシューマーに比べたらミニゲームと言われているスマホゲーが面白いということになります。では一体スマホゲーのどこが面白いのか、というの点を考えてみました。

常に提供され続けるプレイ要素

皆さんはエンドコンテンツという言葉を知っていますか?

エンドコンテンツとは、RPGなどのゲームで最高レベルに達した後でも、何度も挑戦し楽しむことの出来るコンテンツのこと。


こちらではRPGに絞って解説されていますが、要はゲームクリア後にも楽しめる要素という意味です。

大抵のコンシューマーゲームには「ゲームクリア」という名の終わりが提示されています。ユーザーはそこからエンドコンテンツを遊ぶわけですが、エンドコンテンツも無限ではありません。いつか終わりがきますし、エンドコンテンツすらやりつくしたら自分でやることを考えて遊んでいくしか道はありません。

ではスマホゲームはどうでしょうか?まずスマホゲームにはゲームクリアが存在しません。存在しないというよりは、先延ばしにされていると言ったほうが正しいでしょうか?スマホゲーは

「ゲームクリア = コンテンツ提供の終了」

なので、ゲームクリアが予め実装されることはありません。つまりスマホゲーは常にやることが提供されているゲームということになりますよね。だから皆熱中してプレイすることができるのです。まぁ飽きてしまう人もいるでしょうが、それでも大半の人が引退せずにプレイし続けるわけですからすごいですよね。

人を狂わせる課金要素

f:id:hiro87892:20170925152850p:plain:w400

スマホゲーとはいえ、やるからにはしっかりやり込みたいという人は意外と多いと思います。より強くなりたい、あるいはより快適にプレイしたいといった要望を叶えるのが課金要素です。

課金要素にもいくつか種類がありますが、大半はガチャシステムで実装されていますよね。


ここで宣伝タイム!← 課金してガチャを引くという感覚がわからない人は、とりあえず上記サイトで試してみてください。これは僕が作ったサイトなんですが、Fate/Grand Orderというスマホゲーのガチャをリアルにシミュレーションすることができます。

宣伝はこの辺にしておいて、とりあえずスマホゲーにハマる第2の理由はこの課金です。ガチャシステムは当然欲しいものが出てくる保証なんてない。にも関わらず多くの人が課金するのは、ゲームをより快適にプレイしたい等の欲があるからです。コレクションしたいだとか、Twitterで自慢して愉悦に浸りたいなんて思ってる人もいるでしょう。「気づいたらコンシューマーゲーム機と同じくらいの値段課金してた!」なんてこともよくあります。だからスマホゲーにハマってしまうのです。多くのお金を注いできたゲームを簡単に手放せはしないですからね。

スマホゲーの高品質化

先ほどから「スマホゲーはミニゲーム」というように書いてるんですが、スマホゲーの中にも高クオリティのものは一定数存在します。まぁこれは個人の感想としかいえないんですけど、例えばデレステやミリシタといったスマホゲーはレベルが高いと思います。


PSPが主流携帯ゲーム機だったころに見たら信じられないでしょうね。ゲーム機じゃなくて携帯で動いでるんですからw こういった「スマホゲーの高品質化」もスマホゲーユーザーが多い要因の一つだと思います。

コンシューマーゲーにも手を出してみてほしい

ここまでで「何故人々はスマホゲーばっかりプレイするか」という点を僕なりに考えて書いてみましたが、なんかコンシューマーに取り柄がないみたいになっちゃってますねw

僕はコンシューマーもプレイしているのですが、やっぱりゲームとしてのクオリティや満足感はまだまだコンシューマ-の方が上だと思いますね。ゲーム機は確かに高いけど、課金するくらいお金に余裕があるなら一度手を出してみてほしいです。

今後はこのブログでオススメのコンシューマーゲームを紹介していけたらいいなぁと思ってます(*´ω`)