hiroのつぶやきブログ

アニメやゲーム、その他書きたいことだけ書いていきます。 ほぼ毎日更新中。

【噂】たつき監督の降板理由は吉崎観音さんが原因ってマジ!?

ここ最近「たつき監督の騒動」の記事ばっかりなんですが、また新たに情報が出てきたので今回も記事にしたいと思います。信憑性はありませんが、今回の騒動は原作者である「吉崎観音」が原因であると主張する記事がネットで公開されています。

★関連記事★


人気テレビアニメ『けものフレンズ』の監督で、シリーズ構成などを務めた「たつき監督」が自身のTwitterで同アニメの制作から外れると報告し、波紋を広げている。

 しかし、今回のけものフレンズ製作プロジェクト関係者は「ネットでは限られた情報しか流通していないので、間違った炎上の仕方をしてしまい、申し訳なく思っている」と語る。

「そもそも、たつき監督が外れた理由は、彼が本当に思い詰めてこれ以上作品を自分が手がけることができなくなったと漏らしていた6月ぐらいからずっと燻っていました。我慢をしていたのですよ。それが、8月上旬にある事件をきっかけにすべてが壊れる方向に進んでしまった」と実態を知るメディア関係者は言う。

 そのある事件とは「『けものフレンズ』のキャラクターデザインや原作原案者扱いであった吉崎観音さんが『もうたつき監督には外れてほしい』と会議の席で明言してしまったのです」とはメディア関係者。また制作関係者も「3月末の時点で、吉崎さんが自身で『けものフレンズ』をコントロールできなくなったと感じて、たつき監督の所属する制作会社であるヤオヨロズ社を外してほしいと委員会メンバーに言い始めました」証言はほぼ一致する

★中略★

 事情に詳しいクリエイターは吉崎氏についてこう語る。

「吉崎さんは優れたクリエイターですし、何かを作り上げる力はとても強いのですが、自分が中心になって制作が進まないと気に入らない部分があり、ヤオヨロズのようにアニメファンにも刺さるような会社が独自のプロモーションを始めるとイライラする部分はあるのではないでしょうか

 前出の制作関係者も「KADOKAWAの担当者が吉崎さんの嫉妬をコントロールできず、逆に吉崎さんにIP(けものフレンズ)のコントロールをさせようとして肩を持った結果、実力のあるヤオヨロズを外さざるを得なくなったんです」という。そして「アニメ業界には必ずそういう自意識の強い、でも優れたクリエイターが集まって良い作品を作るので、そこをきちんと強い力でグリップできる担当者がうまくハンドリングしないと絶対に揉めることになるんですよ」と説明する。

 KADOKAWAは「ケロロ軍曹」など売れるIPを制作できる吉崎氏を重用し、吉崎氏の意向を通す決断をした。ではなぜ、製作委員会ではあのような公式コメントになってしまったのか。

★後略★

全文は引用元にて
http://dailynewsonline.jp/article/1359354/

どのみちKADOKAWAは無能

冒頭でも書きましたが、上の記事が真実だという証拠はありません。ですが仮に本当だとしても、結局KADOKAWAが無能だったことに変わりはないように思います。というのも、こういう人間関係を取り持って上手くやるのがプロデューサー(KADOKAWA)の役目なわけですからね。

それに吉崎氏を重用してメリットを得られることはあっても、たつき監督を外して得られるメリットなんてどこにもないじゃないですか。そこは是が非でも吉崎氏の意向を通すべきではなかったと思います。現に今炎上してるし(´・ω・`)


今後また何か展開があれば記事にします。でも真相はこのまま闇に消えていきそうな気がするなぁ。

★追記★
新しく記事を更新しました。