hiroのつぶやきブログ

アニメやゲーム、その他書きたいことだけ書いていきます。 ほぼ毎日更新中。

オタク「アイマスはラブライブに勝てない。もはや2次元コンテンツの延長ではなく、声優をアイドル売りしてる」←すまん、ラブライブの方が露骨じゃね?ww

はてな匿名ダイアリーに投稿された記事が話題になっていたので僕も読んだんですが、どうも矛盾を感じずにはいられなかったので記事にしてみました。

■アイマスは2次元を捨てたのか?

先日、ニコニコ動画のアイマスカテゴリーをいつも通りに巡って、知らない間に公開されたミリオン4th2日目の(転載された)試聴動画を覗きました。
言葉を失いそうで声優の皆さんの熱い歌唱力に耳が離れないが…、何処か物足りないと思うのに…、何故かその感覚の原因は分からない。
そして動画の途中で流れたコメントを読んで、その物足りなさを解決しました。
「キャラ声どこ行った」
そう。アイマスと言えばライブコンサートを開催し、声優の皆さんを出演させキャラクター達の歌を生歌唱で聴く機会だと、少なくとも私は思いますが…、
近年は声優の皆さんにどんどん激しくなるダンスの振り付けや、ポップアップでステージに上がり、ヘッドセットの利用等、
もはや2次元コンテンツの延長ではなく、声優をアイドル売りしてる、所謂「2.5次元コンテンツ」になってしまいました。
そして上記のコメントに対して他の視聴者のフォローは
「これもキャラの一面の一つだよ」
「これもキャラだよ、、、何を言ってるんだ」
「これもキャラの一部だよ」
「アイマスは中の人とキャラがリンクしてるからセーフ」
ゲロ吐いた。
私は嫌です。
中の人とキャラをリンクさせるなんて嫌です。
声優が嫌いワケじゃないが、
私はこんな気持ち悪い2次元オタクだから3次元の声優なんて気に入らない。

★中略★

最後に、言いたかったことを2つおまけに:
一つ、雨宮天は歌唱の実力やSSR級の美人顔面であることを認める。だがその無個性な声じゃ声優に向いてない。もう声優を辞めて、ミューレからまともの事務所やレーベルに移籍してアーティスト活動に専念しろ。
二つ、ゲームを出せるだけで他のメディアで2次元コンテンツに充実の無さを思い出して、私は気付いてしまいました。これだからアイドルマスターは『ラブライブ!』や『うたの☆プリンスさまっ♪』等、2次元面も充実されてる2.5次元コンテンツには勝てない理由だと。


ラブライブもアイドル売りしてんじゃん

まず一番矛盾を感じたのはこの部分ですね。「声優をアイドル売りしてる」、つまり「キャラよりも声優を前に出す」という点を嫌っているのであれば、ラブライブも同じことをしてるような気がするんですがどうなんですかね。

サンシャインの実写PV


実写ブロマイドカード

すまん、ラブライブの方が露骨じゃね?w

「中の人とキャラをリンクさせるなんて嫌」←これだけは同意

「中の人とキャラをリンクさせるなんて嫌」

この部分だけは僕も同意してます。2次元コンテンツと3次元が露骨に絡み合うのは好きじゃない。だって夢が壊れるじゃないですかw

例えばアイマスでよく声優のライブがあるじゃないですか。別にライブをやること自体は良いと思ってるし、それで楽しむ人も悪く言うつもりはありませんが、僕は行きたいとは思えないんですよね。声優さんが歌ってる時点でそれはただの声優さんとしか見ることができない。キャラクターと声優を同一化してライブを楽しむなんてことは僕にはできないです。

これこれ、こういうの。この感覚だけは僕には理解できない。
もちろんわかってますよ?w 「橘ありす」何てキャラは現実には存在しないし、アイマスの世界なんて所詮誰かの考えたファンタジーに過ぎないなんてことは。
それでも僕はできる限りその幻想に浸りたいんですよ!←
だからできる限り幻想を壊すようなものとは距離をおいてます。昔なんて声優の顔すら見ないようにしてましたからねw


まぁこういう人間もいるってことでわかってもらえたら幸いです。大分話それちゃいましたが、上の記事書いた人はただの「アイマスアンチ」か「雨宮天アンチ」のどっちかだと思います(´・ω・`)