hiroのつぶやきブログ

アニメやゲーム関係で書きたいと思ったことを書きます。プライベートブログ。

総額400万の廃課金者「僕にとって課金は『面白いゲームの対価』」


前にデレステで天井まで回した記事を書きましたが、課金は恐ろしいですよね。当たる確率は低いってわかってても回しちゃうんですからw 今回は総額400万の廃課金者が語った話が話題になっています。

☆関連記事☆

課金の何が楽しいの? 課金総額400万円以上の保育士に話を聞いた


「こんにちは!今日はよろしくお願いします。簡単にプロフィールを教えてください!」

「Aといいます、32歳です。昼間は保育士として働き、夜は週2で夜勤のコンビニアルバイトをして生活しています。月収は、保育士22万とコンビニ8万の計30万。そのうち月平均8万を課金に使っています」

「ち、ちなみに、いままでトータルでいくら課金したんですか……?」

「総額でいうと……そうですね。400万は下らないかと」

「そうなんだ……! Aさんはなんでそんなに課金するんでしょうか」

「僕が負けず嫌いっていうのも大きいと思います。あとパズドラって面白いんですよね、パズドラで勝つためには『パズル力』、『運』、『知識』、『課金』の4つの要素がすべて必要なんですけど」

「あとはやっぱり……3万円分ガチャをしたのにキャラが出なくて諦めたら、その3万円って無駄になるじゃないですか。だから、キャラが出るまでお金をかけてしまう、っていうのはありますね」

「でも、課金してキャラが手に入るとゲームは絶対に面白くなるので。僕にとって課金は『面白いゲームの対価』ですね」


☆全文は引用元にて☆

限度額は決めないと危ないよ(経験談)

面白いゲームの対価っていう部分は割と共感できる。やっぱり強キャラや推しキャラが手に入ったりするとテンション上がりますからね。けど、

「あとはやっぱり……3万円分ガチャをしたのにキャラが出なくて諦めたら、その3万円って無駄になるじゃないですか。だから、キャラが出るまでお金をかけてしまう、っていうのはありますね」

この部分だけはかなり危ないと思います。僕も一時期当たるまで引くっていうスタンスでやってた時期があったんですけど、そのせいで借金かかえましたからねw まぁBDとか売って結局凌いだんですが、課金は限度額決めないと本気でやばいってことをそこで学びました。今では天井がない限りは最大で4万とかしか課金してないです。課金のし過ぎだけは気を付けましょう。マジで借金かかえることになるぞ(´・ω・`)